個人事業主向けカードローン

角丸

個人事業主向けカードローン

総量規制の導入などを盛り込んだ貸金業法の改正法が施行され、現在は年収の3分の1を超える借り入れは原則としてできなくなりました。 この規制は、“借り過ぎ”を防止するためのものに他なりませんが、これによって、逆に本来借りられる人が借りられなくなったとも言われています。 ただしいずれの場合にしても、この総量規制の対象外となる取り引きが実は少なくないのです。

例えば、貸金業法は名前の通り貸金業者を規制する法律であって、銀行などの金融機関はそもそも対象外なのです。 すなわち、銀行からの借り入れ、具体的に言えば住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどは、年収の3分の1の額には算入されないのです。 従って銀行から大きな額の借り入れがあったとしても、消費者金融などの貸金業者からの借金はまた別問題だということになります。

また、個人事業主の資金繰りに消費者金融からの融資金が使われるということもありますが、これもまた総量規制の対象から外れています。 たとえばクレジットカードを取り扱っている消費者金融大手の「アコム」の場合、アコムローンやアコムACマスターカードのような一般の無担保フリーローンとは異なり、審査が必要になりますが年収の3分の1を超えていても貸付を受けることが可能です。 このアコムの個人事業主向けのカードローン「ビジネスサポートカードローン」は、早ければ申し込みの当日に融資を受けられ、最高300万円の限度額の中で何度でも繰り返しての利用が可能となっています。

更に、既にアコムの即日発行が可能な一般のクレジットカードやカードローンを使っていたとしても、この個人事業主向けローンに切り換えるということもできます。 そうすることで、もしも更に別の消費者金融から一時的に借り入れをするという状況になった場合でも、現在のローンは総量規制の対象外となっている訳ですから、借りやすくなることが見込まれるのです。

なお、このビジネスサポートカードローンは、使途は限定されていません。 ですから、個人事業主としてこのローンを使用していたとしても、必ずしも事業性のある使い方をする必要はないということになります。 結局は目的を定めないフリーローンと同様の使い方が出来るのだと言えます。 実際は、アコムの通常のカードローンより、元金が少ない段階での金利は若干高めとなっているようです。 ちなみにこのビジネスサポートカードローンでも、原則として担保や保証人は必要がありません。

角丸